鍼灸治療とは

鍼灸治療とは、鍼または灸を用いて、身体の特定の点を刺激して行う治療法です。
紀元前に中国で発祥した伝統医療で、中国医学等の古典的な理論に基づき、中国・日本・韓国でそれぞれ発展してきました。日本には1500年以上前に伝わり、様々な病気の治療や予防に役立ってきました。
現在では、日本・中国・韓国などのアジアだけではなく、アメリカ・ドイツ・フランスなどの欧米にも広がり、世界100カ国以上で採用されており、1997年にはアメリカ国立衛生研究所(NIH)が、鍼灸治療の有効性に関する声明を発表しています。

鍼(はり)治療

灸(きゅう)治療

通常、直径0.12~0.18mm程度の細いステンレス製の鍼を使います。”鍼”(はり)と聞くと、病気になった時に病院で打たれる注射の鍼や、家で落ちていた画鋲(がびょう)を踏んだ時の痛みを想像する方がたくさんいますが、鍼治療で使う鍼は全く異なります。治療中にはリラックスして寝てしまう方も多いくらいです。また、毎回使い捨ての鍼を使用していますので、衛生面でも安心して治療を受けていただけます。

灸は、ヨモギの葉を乾燥させて、葉の裏側のホワホワした部分だけを集めた”もぐさ”と呼ばれるものを使います。よもぎは昔から、殺菌・消炎・保湿効果にすぐれ、止血剤としても使われてきました。灸の方法には以下のようにいくつか種類があり、刺激量を調節しながら、あなたの症状に合わせて熱刺激をあたえます。

鍼灸治療の効果

鍼灸治療は、腰痛・膝痛・神経痛(坐骨神経痛・ヘルペス後神経痛・三叉神経痛など)の痛みを伴う症状にとても効果的で、多くの方が痛みの治療を求めて鍼灸院にいらしています。また、家事や仕事のストレス、パソコン・スマホの使いすぎなどによる肩こり、眼精疲労といった症状から、便秘、下痢、胃炎、食欲不振、膀胱炎、花粉症といった症状にも効果が期待できます。
そのほかにも、西洋医学では原因がわからないとされる症状など、様々な症状にも自然治癒力を高めることにより健康的な心身を取り戻すことで効果が得られます。

鍼灸はなぜ効く?

鍼灸の効果の研究は、各地にある研究所、医療機関、鍼灸大学、短期大学などで意欲的に進められています。総合的には、鍼灸刺激が自律神経系、内分泌系、免疫系等に作用して、その結果として、中枢性及び反射性の筋緊張の緩和、血液及びリンパ液循環の改善等の作用があり、生体の恒常性(病気を自然に回復させる作用)に働きかけるのではないかと考えられています。

適応疾患

鍼灸治療は以下のような症状を治療します

神経系疾患

神経痛・神経麻痺・痙攣・脳卒中後遺症・自律神経失調症・頭痛・めまい・不眠・神経症・ノイローゼ・ヒステリー

運動器系疾患

関節炎・リウマチ・頚肩腕症候群・頚椎捻挫後遺症・五十肩・腱鞘炎・腰痛・外傷の後遺症(骨折、打撲、むちうち、捻挫)

循環器系疾患

心臓神経症・動脈硬化症・高血圧低血圧症・動悸・息切れ

呼吸器系疾患

気管支炎・喘息・風邪および予防。

消化器系疾患

胃腸病(胃炎、消化不良、胃下垂、胃酸過多、下痢、便秘)・胆嚢炎・肝機能障害・肝炎・胃十二指腸潰瘍・痔疾

代謝内分秘系疾患

バセドウ氏病・糖尿病・痛風・脚気・貧血

生殖、泌尿器系疾患

膀胱炎・尿道炎・性機能障害・尿閉・腎炎・前立腺肥大・陰萎

婦人科系疾患

更年期障害・乳腺炎・白帯下・生理痛・月経不順・冷え性・血の道・不妊

耳鼻咽喉科系疾患

中耳炎・耳鳴・難聴・メニエル氏病・鼻出血・鼻炎・ちくのう・咽喉頭炎・へんとう炎

眼科系疾患

眼精疲労・仮性近視・結膜炎・疲れ目・かすみ目・ものもらい

小児科疾患

小児神経症(夜泣き、かんむし、夜驚、消化不良、偏食、食欲不振、不眠)・小児喘息・アレルギー性湿疹・耳下腺炎・夜尿症・虚弱体質の改善

その他

自律神経失調、不眠症、ストレス性疾患、心身症、アレルギー、アトピー性皮膚炎、慢性疲労、成人病の予防など

自分ではどうしたらいいかわからない
人にも聞きにくいお悩みなど
まずはお気軽にご相談ください

東京都渋谷区道玄坂1-18-4 和田ビル402

電話番号:03-6555-3789

営業時間:10:00 - 20:00(不定休)

acu@amicastudio.com

(治療中・営業時間外は電話に出れない場合があります。予約・お問い合わせは、LINEまたはメールでご連絡お願いします。)

©2020 by AmicaStudio